メリットはどこにある!?リバブレーションチャンバー

リバブレーションチャンバーって何?

リバブレーションチャンバーとは、ノイズを抑える反射反響室で電磁波環境試験室として使用されるものになります。リバブレーションチャンバーは長い反響時間を持つように設計されているため、高いレベルの電磁界を発生させることが可能になっており非常に再現性が高いので様々な研究などには欠かせないものになっています。リバブレーションチャンバーがないと効率の良い研究や動作確認が出来なくなってしまうので、その質もとても重要なものです。

いつ利用するのでしょうか

リバブレーションチャンバーはどのようにして利用するのでしょうか。リバブレーションチャンバーは高いレベルの電磁界を発生させますので、そこで研究や動作確認などを行うことによって音による影響を受けない結果を見ることが出来ます。つまり、それらの影響を受けたくない研究であったり、動作確認などにおいて使用されるということになるでしょう。リバブレーションチャンバーによって対応周波数や測定距離も異なるので、目的に合ったものを使用します。

具体的にわかることとは

リバブレーションチャンバーを使用することでわかる具体的なものですが、アンテナの評価になるでしょう。スマートフォンなどのモバイル端末のアンテナの受信感度などをリバブレーションチャンバーを使用した空間で測定することでアンテナの良し悪しの評価に繋がりますよね。また、モバイル端末の天敵であるノイズの対策の効果などを研究、測定することも可能になります。モバイル端末も安定して使用することが出来るためのものがわかるのですね。

リバブレーションチャンバーとは、実反射環境を生み出せるように設計された機械・空間のことです。スマートフォンなどの無線機能を持つデバイスのシミュレーターとして使用されます。