電気機器が正常に動くために必要になる試験

医療用の機器が正常に動くかどうか

医療機関においては、医師が大きな力を持っています。治療の時には、医師の手術で行われることがあり、それによって命が助けられることもあります。ただ、近年は医師の手だけではなく、医療用機械、ロボットなども出てきています。これらが正常に動くかどうかは、EMS試験を行うことで確かめる必要があります。医療の現場では複数の医療機器が同時に設置されることがあります。互いの機器が影響しあわないようにする必要があります。

船舶に必要な機器の検査を行う

世界的に荷物の輸送を行うとき、飛行機だとあまり多くの量を運べません。船であれば、かなりの量を一度に運ぶことが出来ます。世界中で船が使われていますが、船は常に今の位置を確認しながら航行します。そうしないと、大型船同士がぶつかったりすることがあるからです。非常に精密な装置が必要で、EMS検査を行うことで状態が保たれているかを確認します。大型船の場合、ほんの少しの狂いが影響を与えることもあるので、十分な検査が必要になります。

自動車に関係する検査が必要になる

これまでの自動車は、ガソリンとエンジンで駆動するタイプが一般的でした。最近はハイブリッドカーが登場し、さらに電気自動車、プラグインハイブリッドカーなどが出てきています。電気自動車などは、電気を自ら充電してそれをエネルギーにします。これまでEMC試験は、自動車にのみ行われるのが一般的でしたが、これからは、電気の充電環境において適切な基準かどうかが検査されます。電気自動車は、自動車だけでなく、一般の基準も適用される必要があります。

スマートフォンなどの電子機器が定められた範囲内の電磁波発生に留まっているかどうかを調べるテストのことを、EMC試験と呼びます。電子機器に囲まれた現代社会において必要不可欠な試験と言えるでしょう。